万年筆使いアキラ

京都、万年筆、本、資格、建築 etc.

カスタム742FAフォルカンの楽しみ方3つ

こんにちは。

読んでもらってありがとうございます。

 

僕は万年筆が大好きです。

「ボールペンのように多くの人が万年筆を普段使いする素敵な世界の実現」という大いなる野望のもと日々密かなる活動をしております。(大げさですみません。笑)

 

冗談はさておき、

テーマであるパイロット・カスタム742FAフォルカンについて書いていきます。

まず、カスタム742FAフォルカンの実用性について

パイロット・カスタム742FAフォルカンは、もちろん実用的な万年筆です。

手帳への書き込み、議事録の記入などに特に問題はありません。

フォルカンに対しては『書道の筆のような書き味なので仕事等の実用で使うのは困難があるのでは』という意見があります。

実際のところ、フォルカンは『書道の筆』までの軟らかさではなく、硬いペン先(ニブ)に近い硬さを保ちながら若干『書道の筆』的な要素があるニブです。だから他の硬いペン先(ニブ)と少し違うと意識して使えば、仕事等の実用使いに問題は全くありません。

ただ、どうしてもカスタム74中細字等との比較でいうと、スピードを要する筆記にはあまり向いていないのは事実です。

しかし、他のニブにはない素晴らしい書き味があるのも事実なのです。

万年筆使いのワタクシめとしては、上記のような理由でフォルカンを敬遠されるのは残念でなりません。(泣)

そこで、カスタム742FAフォルカンの実用以外の楽しみ方についてご紹介します。

sponsored links

 

カスタム742FAフォルカンの楽しみ方

1・FAフォルカンで書いた独特の濃淡のある文字でインクを楽しむ

フォルカンで書いた文字には独特の濃淡が出ます。この濃淡の出方は毛筆に近い感じです。このフォルカンの特性を利用して、色々なインクで文字の濃淡を出した文字を書いていくととても楽しいです。

僕としては、パイロットのインク『色彩雫 月夜』を使ったときの濃淡が素敵でおすすめです。

他の『色彩雫』のインクの中では、青系の『露草』『天色』、緑系の『松露』、赤系の『山葡萄』『躑躅』も良いでしょう。

真っ白な紙にこれらのインクを入れたカスタム742FAフォルカンを使って、大切なメッセージや日記を独特の濃淡のある文字で書くのは楽しくてたまらないはずです。

f:id:AkiraYamaguchi:20170317155944j:plain

2・FAフォルカンでレトロな文字を楽しむ

カスタム742FAフォルカンのペン先(ニブ)のカタチはレトロな万年筆を思い起こさせてくれます。見た目だけでなく、フォルカンで書いた文字にも『濃淡を文字に出しやすい特性』を使ってカリグラフィー調のレトロな雰囲気が出せます。(特にアルファベットについて)

ただし、『有名になったカリグラフィーの海外の投稿動画』のような荒い使い方ををしたらフォルカンは故障しますのでご注意ください。(ご興味ある方は「フォルカン 万年筆 動画」で検索を!)

f:id:AkiraYamaguchi:20170316230012j:plainフォルカンを使って上記のように書けたら楽しいはずですよね!

でも残念ながらカリグラフィー調っぽい文字を書くことは僕には巧くできませんでした。(泣)

3・毛筆調の文字をFAフォルカンで楽しむ

『筆ペン』が苦手な方も多いと思います。

カスタム742FAフォルカンの使い勝手には『筆ペン』ほどの習熟度は必要ありません。

かくいう僕も2日ほどでフォルカンを使うコツがわかりました。

(以前の記事に書いた『練習を積んでフォルカンマスター』になるぞ!っていう気持ちは変わりませんよ。笑。よかったら【過去記事】も読んでくださいね。)

フォルカンを使えば習字ほどの練習をしなくても、濃淡の出る文字が書けるフォルカンの特性を使って手軽に「毛筆調の文字」を楽しめます。

これはフォルカンのとても良い点です。

最後に

カスタム742FAフォルカンは他の万年筆には無い楽しみ方ができるとても面白い万年筆です。

そういう意味では、手帳用や普段使いの万年筆を持っている人が2本目としての購入されるのに最適と言えるでしょう。

ただ、フォルカンは万年筆独特の『筆圧弱く筆を寝かせて』書く必要がある万年筆ですので、万年筆の書き方から練習しようとしている万年筆初心者の方にこそ、万年筆使いのワタクシめとしてはおすすめしたいのですが・・(笑)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

以上、「カスタム742FAフォルカンの楽しみ方3つ」の記事でした。

sponsored links

 

 

 【こんな記事も書いています!】

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

sponsored links