万年筆使いアキラ

京都、万年筆、本、資格、建築 etc.

話のネタに!京都・錦市場付近で巨大餃子を食べました。

京都に住んでいると今日12月19日は「餃子の王将」という文字を看板以外で目にすることが多い日になっています。残念ながら未解決のあの事件のこと。

ご記憶されている人も多いのではないでしょうか。僕も1日も早い解決を望んでいます。

でも、ついつい「餃子」を意識してしまうのも本当のところなのです。ゴメンなさい。

どうしても我慢できず今日は昼食を「餃子」にしていまいました。

もちろん「餃子の王将」に行くのがスジかなと思ったのですが、前から行ってみたかったお店があったのでそちらに足が向いてしまったのです。スミマセン・・・。

そのお店は京都の錦市場の西の入り口付近にある万豚記というラーメン店なのですが、出てきたのがとても大きな餃子でビックリしたのでご紹介したいと思います。

万豚記の大餃子

f:id:AkiraYamaguchi:20171219182811j:plain

 この写真で餃子の大きさがわかるでしょうか?

「大餃子定食」を注文したので、餃子が大きくて当然なんですが、その大きさには驚きました!

食べきれるかどうか心配になるほどのボリュームで、1つの餃子の長さは約15センチくらいで幅も2.5センチくらいです。

さて、さっそくいただいた感想としては皮が厚くてどちらかというと肉まんに近い感じ。

好みもあると思いますので、味の評価は避けますが、普通の「餃子」を思い浮かべて食べるとちょっと違うなぁと思うかも。

量は本当に多くて、今日は晩ご飯はいらない感じがします。何人かでシェアして食べるのをおススメします。

でも、この「大餃子」は話のネタになることは間違いなしのインパクトがありましたよ。

万豚記は坦坦麺の有名店です!

万豚記はなんといってもラーメン店。

黒胡麻坦坦麺や白胡麻坦坦麺、汁無し坦坦麺が人気のメニューです。

僕が行ったときは、店内にいるお客さんのおおよそ90%が坦坦麺を頼んで美味しそうに食べていました。

いかにも辛そうながらむちゃくちゃ美味しそう。

なんで「餃子に魅入られて、坦坦麺を食べなかったのか」とかなり後悔しました。泣

今度は必ず坦坦麺を食べようと心に誓って帰って参りました。笑

お店の情報

f:id:AkiraYamaguchi:20171219185823j:plain

万豚記 京都錦小路店

住所は京都府京都市中京区西魚屋町594

最寄駅は阪急電車烏丸駅です。駅から徒歩10分程度の距離にあります。京都の有名な市場「錦市場」の西の入り口付近でわかりやすい場所ですよ。

お店の外観もとっても雰囲気がありますが、店内も和と中華が入り混じったような独特な不思議感が漂っています。

ご紹介した「大餃子」以外もメニューもボリュームたっぷりですので、お腹を相当減らしてから行くのがいいかもしれません。笑

いかがでしたか?ぜひご参考になさってくださいませ。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。以上、「話のネタに!京都・錦市場付近で巨大餃子を食べました。」の記事でした。

sponsored links

 

こんな記事も書いています!

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

sponsored links