万年筆使いアキラ

京都、万年筆、本、資格、建築 etc.

京都の有名書店・一乗寺の恵文社に行ってきました。

何か好きな物があると、休みの日とかになんとなくその好きな物が売っているお店に足を運んでしまうものですよね。

かくいう僕は文具や本が大好きなので、ついつい用事もないのに何度も同じ文具店や本屋さんに行ってしまいます。不思議と何度行っても飽きません。笑

でも、たまには違うお店に行ってみたいものですよね。そして、せっかくならどこにでもあるお店よりその地域にしかないお店に行きたくなりませんか?

そこで、今回は京都で有名で、かつ、独特の雰囲気のある書店「恵文社一条寺店」をご紹介したいと思います。

学生さんたちの町にあるお洒落なお店

f:id:AkiraYamaguchi:20180113200939j:plain

かつてイギリスのガーディアン紙に「世界で一番美しい本屋10」に選ばれたこともあるお店の外観は、ぱっと見では喫茶店か何かかなと思うお洒落さです。

中に入ると、すこし薄暗い照明がいい雰囲気を出しています。

店内のその絶妙な古さにハリーポッターの魔法の杖を売っているオリバンダーの店をイメージしてしまうのは僕だけではないはず。

置かれている本はある意味珍しい選び抜かれた本ばかり。多分、大型に書店では逆に探すのが大変な感じに素敵な本たちが並べれています。

特に絵本の蔵書が素晴らしいと思いました。

所謂ベストセラー的なものや週刊誌的なものはほとんど置かれていません。

この独自のスタイルが大型店とは一線を画するところです。

とても知的好奇心をくすぐられる本のセレクトに、僕的には何時間いても飽きないなぁと思いました。

また、併設されている文具の店もすさまじく素敵。不必要といえば不必要なんだけれども、ついつい手に取ってみたくなる魅力あふれるグッツで満載です。

文具好きでもある僕はもうノックアウトされました。笑

京都市の中心部から来るには比較的不便な場所にもかかわらず、ひっきりなしに人が訪れる理由がわかります。

また、併設のギャラリーでは学生さんの作品などの展示もしていて楽しめますよ。

付近の様子

恵文社一乗寺店のある界隈は大学生が多い町です。

京都市の北部に位置する一乗寺は京都大学や京都造形芸術大学、京都精華大学などに通いやすい地域ということもあり、若い学生さんに出会う確率が大変高い町です。

そのせいか付近は「ラーメン街道」としても有名です。ラーメン激戦区としても有名な京都でしのぎをけずっているラーメンを恵文社の帰りに食べるのもいいかもです。

お店の情報

住所:〒606-8184 京都府京都市左京区一乗寺払殿町10

営業時間:10時~21時 

京都駅からは京都地下鉄に乗って北大路駅まで行き、京都市バス204系統か206系統に乗りかえ、バス亭「高野」で降りて北へ徒歩5分くらいのところにあります。

デートコースとして立ち寄りたい場合は、京阪電車の出町柳駅まで行き、路面電車である叡山電車に乗るのもおススメ。一乗寺駅で下車して西へ徒歩3分くらいです。

いかがでしたか?ぜひご参考になさってください。

以上、「京都の有名書店・一乗寺の恵文社に行ってきました。」の記事でした。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

sponsored links

 

こんな記事も書いています!

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

sponsored links