読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年筆使いアキラ

京都、万年筆、本、資格、建築 etc.

冬の京都の薪ストーブ最高!

こんにちは。

読んでもらってありがとうございます。

 

1月から2月末くらいまでの京都市内はご存知「京の底冷え」でとても寒いのです。

おじさんノマドとして町を彷徨う僕には厳しい季節・・・。

あぁ温もりがほしい・・・。(心の叫び!!)

f:id:AkiraYamaguchi:20170220220929j:plain

 さて、今回は、冬の京都市内で温もりを求めるあなたにおすすめの場所を一つご紹介します。

場所は京都市の寺町通蛸薬師を少し西に入ったところ。

珍しい木が植えてある外観のレストランです。

f:id:AkiraYamaguchi:20170203143618j:plain

この木は何ていうんでしょうか?全く検討がつきません(笑)

ちょっとおじさんノマドには似合いませんが、きっと若いカップルにはこの木が素敵な時間を演出してくれるはず。デートならこの木のそばのテラスでランチもいいかもしれません。(うらやましい・・・)

sponsored links

 

冬の薪ストーブ最高!!

さて、本題です。

なんとこのレストランでは実際に木の薪を燃やして薪ストーブを焚いてくれているのです!!むちゃくちゃ暖かい!体の芯から暖まります。感動です!!

f:id:AkiraYamaguchi:20170203144457j:plain

なぜ薪ストーブがこんなに暖かいのかは謎ですが、確実にエアコンや石油ストーブより暖かく感じます。たまに店員さんが薪を追加したり、ひっくり返してくれるのですが、その時に出る薪の燃えるにおいが店内に香って、その素敵な香りとストーブの暖かさでもう寝そうなります。(笑・いかんいかん、仕事せねば!)

冬の底冷えの京都で気軽に入れて薪ストーブを体験できるお店を僕はここしか知りません。冬の京都・寺町京極界隈の穴場ですね(自信あり!)

少し薪ストーブから離れたところでPCでデスクワークしていても、薪ストーブの温もりが伝わってきて、お店の人には悪いのですが、なかなかお店から出たくありません。

このお店は本来、食事を食べるのがメインのようです。ノマドな僕はホットコーヒーだけで過ごしていますが・・・(お店の人、すいません)

お詫びにお店のご紹介をします。

お店の名前は「フェスティバン(FESTIVIN)」。

内装は地中海風の素敵な印象。ランチタイムとして11時30分~17時までは比較的安価で本格的なグラタンやカレー、ピザが食べられます。ご予算は~2000円くらいまで。

僕のようにコーヒーを頼んで長居する男性は稀ですが、デートの学生さんや友達でおしゃべりしている学生さん達で大変賑わっています。薪ストーブは本当に最高ですが、それが仮に無かったとしても、とても居心地の良い空間になっています。

17時以降はワイン片手にディナーを楽しむためのお洒落なお店です。

お店の住所は京都市中京区伊勢屋町362です。

京都にお立ち寄りの際はぜひ訪ねてみてくださいね。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

以上「冬の京都の薪ストーブ最高!」の記事でした。

sponsored links

 

【過去記事です】

www.akira-mannenhitsu.com

 

www.akira-mannenhitsu.com