万年筆使いアキラ

京都、万年筆、本、資格、建築 etc.

スパイラルリングノート・北国シロクマ柄を使ってみました!

ノート自体の機能としては文字が書ければなんでもいいと言えますよね。

そういう意味ではいわゆる大学ノートで十分なんですが、文具好きの人にとっては「そんなことない!」「こだわりたい!」って思う物の1つがノートではないでしょうか。

かく言う僕もやっぱりノートにはこだわってしまいます。

どのノートにするのか決めるのに何軒も文具屋をはしごしたり、「どんだけ迷うねん!」って自分にツッコミたくなるくらい何時間も迷いに迷ったりしています。笑

そんな僕ですが、「トラベラーズカンパニー・スパイラルリングノート」の素敵さに感動しましたのでご紹介したいと思います。

表紙がシンプルでお洒落

f:id:AkiraYamaguchi:20171203161612j:plain

僕の知りうる限り、関西では紀伊国屋梅田店か東急ハンズでしか店頭には置いてないのですが、前々からとても気になっていました。

なぜならパッケージが僕の心を打つなんともいえない魅力を放っていて「買わないなんんてありえない!」的な恐るべき魔力を感じさせるからなのです。笑

でも、シンプルな厚紙を使ったこのデザイン、とてもとても魅力的ではないでしょうか?

見た目だけで判断してはダメなのですが、やっぱり見た目って大事!スパイラルリングノートの外見はむちゃくちゃお洒落だなぁ~って思います。

表紙の右下に小さく押しこまれたシロクマの柄がとても可愛い。

僕は購入した後もついつい眺めては悦に入ってしまうほどです。笑

北国シロクマ柄の中身もとても書きやすい!

f:id:AkiraYamaguchi:20171203164742j:plain

メーカーである株式会社デザインフィル・ミドリカンパニーが1960年代から「書くこと」にこだわって開発を続けてきたMD用紙が使用されていて書き味は抜群!

万年筆を普段使いしている僕は日記用に同社のMDノートを愛用していますが、感覚的にはスパイラルリングノート北国シロクマ柄の紙のほうが万年筆では書きやすいです。

すらすらさらさら流れるような万年筆ならではの筆記が十分に楽しめるとても優秀な紙です。

また、ブルーブラック系の万年筆インクで使う場合には「北国シロクマ柄」はさらに良いですよ。

真っ白な紙にブルーブラックがとても綺麗に映えるので、書いていてとても気持ちが良くなってきます。

もちろん、ボールペンや鉛筆での筆記も文字や絵や図形を素敵に引き立ててくれます。

また、大きなで硬いリングは紙をちぎり離すときにも便利。見た目がシンプルなノートのアクセントとしてもとてもお洒落です。

真っ白な無罫なのでどんな用途にでも使えるところも良いところ。

僕は今はメモ的に使ってますが、とても気に入ったので、今度は日記用に購入してみようと思っています。

トラベラーズカンパニーのホームページにあるようにいろいろカスタマイズして使っていくのも素敵ですので、ご興味ある人はぜひホームページをご覧になってみては。

商品情報

メーカー:トラベラーズカンパニー(株式会社デザインフィル・ミドリカンパニー)

商品名:スパイラルリングノート・北国シロクマ柄A5スリム

価格:700円(税前)です。

スパイラルリングノートには北国シロクマ柄以外にも「砂漠ラクダ」・「南国ラクダ」・「大陸ゾウ」・「草原ミツバチ」というシリーズがあります。それぞれ特徴があってとても素敵なノートたちですよ!

いかがでしたか?ぜひご参考になさってくださいませ。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。以上、「スパイラルリングノート・北国シロクマ柄を使ってみました!」の記事でした。

sponsored links


TAN スパイラルリングノート<a5スリム>無罫 北国シロクマ柄</a5スリム>

こんな記事も書いています!

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

sponsored links