読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年筆使いアキラ

京都、万年筆、本、資格、建築 etc.

二条城桜まつり2017に行ってきました!

こんにちは。読んでもらってありがとうございます。

今回は桜の名所・京都・二条城でプロジェクションマッピングを使った幻想的な夜桜のライトアップを見に行ってきましたのでご紹介します。

18時から始まります

薄暗くなりつつある18時30分に二条城に到着しました。なんとなく別世界に行く気分でした。(笑)

f:id:AkiraYamaguchi:20170414201734j:plain

たくさんの人が入場券を求めて並んでいました。18時ぴったりに行くのではなくて早めに行くのがいいかもしれません。なかなか入場券を買えないまま並んでいるうちにどんどんあたりは暗くなっていきます。何か不思議な気持ちになってきました。

そこは神隠しの世界でした!

やっと入場券(一般・大人400円)を買えて入場した二条城はちょうどトワイライトブルーの別世界!千と千尋の神隠しの世界のようでした。(おおげさですみません。笑)

f:id:AkiraYamaguchi:20170414202503j:plain

有名な唐門ではプロジェクションマッピングをしていました。龍が生きてるように舞う映像が建物に映し出されるすばらしい幻想的な演出でした。桜を見る前から感動してしまいました。(笑)

f:id:AkiraYamaguchi:20170414203303j:plain

二条城の建物が素敵な光に包まれていました。眩いばかりでした。(写真が下手ですみません。うまく伝わるでしょうか?)

f:id:AkiraYamaguchi:20170414203746j:plain唐門から少し先にある庭園の中にある『香雲亭』でもプロジェクションマッピングをしていました。こちらも能の世界をたくみに表現し、建物の中で実際に人が踊っているのかと見間違いそうな演出でした。

二条城の山桜・里桜・しだれ桜は『精霊の世界』でした!

まさに桜の別世界でした!ライトアップされた夜桜って本当に素敵です。一瞬、言葉を失う光景が続いていました。「この素晴らしい世界をありがとう!」って世界の中心で叫びたくなりました。(古い!笑)

f:id:AkiraYamaguchi:20170414204103j:plainこの夜桜のライトアップのコンセプトは『桜の精霊の物語』です。本当に精霊たちに魅入られてしまいそうな美しさでした。ぜひ、実際に見てみてほしい、素晴らしい夜桜です。

二条城内は約20分ほどで一周できる広さなのですが、あまりの桜の素敵さに僕は闇にまぎれて2回まわってしまいした。(ごめんなさい。笑)

桜以外にも

この桜まつりの期間中、二条城内では、桜のライトアップの他に、『京の老舗名産品展』『100%電気自動車日産リーフでのライトアップ』なども行われています。『お花見屋台コーナー』ではラーメンや唐揚げ、ハラミステーキなども楽しめます。

二条城桜まつりの開催期間

4月16日日曜日までです!!花の命は短いのですね(泣)通常観覧は8:45~16:00。土日は『週末限定賑わいステージ』が11:00~17:00まで緑の園で行われています。ライトアップは18:00~21:00まで。(閉城時間は21:30です。)

二条城への行き方

JR京都駅から京都地下鉄烏丸線に乗り、烏丸御池駅で東西線に乗り換えてください。東西線二条城前駅下車して徒歩5分です。

有名な大政奉還の行われた世界遺産二条城の幻想的な春をぜひ楽しみに行ってみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

以上、「二条城桜まつり2017に行ってきました!」の記事でした。

sponsored links

 

 【こんな記事も書いています!】

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com