万年筆使いアキラ

京都、万年筆、本、資格、建築 etc.

サントリー角ハイボール濃いめが美味しかったです。

f:id:AkiraYamaguchi:20170707182734j:plain

こんにちは。読んでもらってありがとうございます。

この季節、仕事で遠方に行った帰りには、どうしても帰りの電車で少しお酒が飲みたくなります。

普段はお酒を飲まないし、それほど強いほうではないのですが、不思議と電車で帰りの時間が2時間以上かかるときは飲んでしまうのです。

最近は「サントリー角ハイボール濃いめ」がお気に入りです。この口の中が痺れるようなウイスキーの濃さ。とても美味しいです。

うまいだけじゃなく、昭和の時代に親父が初めて飲ませてくれた味に妙に似ていて、僕はちょっぴり感傷的になります。

僕の場合、お気に入りの万年筆を取り出して、ひとり少し酔いのまわった頭に浮かぶ様々なことがらをノート書き留めてしまいます。

楽しい思い出、そうではなかったことなどをつらつら思い出すには万年筆は最高の相棒。そこにこの濃い味のハイボールが加わると、筆が止まらなくなってきます。

今回ご紹介している「サントリー角ハイボール濃いめ」は僕のようなアラフィフの心を少し過去に戻らせてくれる不思議なお酒です。

これから夏本番で、多くの人がビールを飲みたくなるかと思うのですが、この濃いめのハイボールもぜひおススメしたいです。

痺れるこの濃さが、きっと飲む人に何かを感じさせてくれるに違いありません。

サントリーの角ウイスキーはロングセラー。僕が学生だった以前からずっとあります。決して高いウイスキーではないので、大学生のころにも友人たちとよく飲んだ記憶があります。

憧れのあの娘にふられた友達を慰めるために一杯。

資格試験に合格したアイツの祝いに一杯。

なんの理由の無く徹夜で飲み明かして、もう何十杯。

卒業前の別れの一杯。

どうしても僕は懐かしの昭和をこの濃い味で思い出してしまいます。

こんな素敵なウイスキーってなかなか無いなぁって思います。

最近はハイボールが良く販売されていますが、今度は瓶で購入して、ロックでじっくり飲んでみようかなぁと思ってしまいます。

商品情報:メーカー・サントリー 希望小売価格189円です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。以上、「サントリー角ハイボール濃いめが美味しかったです。」の記事でした。

sponsored links

 

こんな記事も書いています!

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com