万年筆使いアキラ

京都、万年筆、本、資格、デニム etc.

20年使った鞄の修理に京都河原町二条の修理屋さんに行ってみました。

f:id:AkiraYamaguchi:20200227170530j:plain

最近、あんまり革のカバン、特にクラシックなショルダーバックを持って歩いている人を見かけないのは僕だけでしょうか。

使えば使うほど味が出てくるクラシックな革のカバンですが、パソコン等は入りにくいタイプが多く、鞄自体の重さもあまり支持を得られていない理由かもしれません。

また、雨に濡れたときのメンテナンスもちょっと面倒といえば面倒です。

でも、かく言う僕は20年ほど前に購入した革のショルダーバックを大切に使ってきました。

仕事で使っているので、ほぼ毎日使っています。

「昔の郵便屋さんですか?」と何度か同僚から面白おかしくこのカバンについてお声をかけてもらったりしましたが、僕はとても気に入って使っていました。

それが、このカバンです。

f:id:AkiraYamaguchi:20200227150220j:plain

僕のショルダーバック

かなり年季が入っているでしょ?

しかし、先日、残念ながらショルダーベルトの金具が壊れてしまいました。

また、久しぶりに、よくよくカバンを観察すると、縫い糸がほつれてしまっていたり、いかにもボロボロになっています。

ついにこのカバンともおさらばなのか・・・・苦節20年、よくぞこの僕と一緒に生きてくれたと感謝しながらも、新しいカバンを購入しようかとカバン屋さんに行くことに。

しかし、いざ新しいカバンを購入する段になると、20年も付き合った相棒を簡単に捨てるにはどうしても忍びない思いでいっぱいになってしまいました。

僕は義理堅いのです!笑

最後に一度、カバンの修理屋さんに持って行ってみようと思って、ネットで見つけた京都河原町二条付近にある修理屋さんに行くことにしました。

シロウト考えですが、新品の時とは言いませんが、なんとか後10年使えるようになるのなら、1万円~2万円なら出す覚悟を決めてお店に中に入りました。

お店の名前は「GARAGE SIDE」

かなり狭い感じの2坪ほどの店内に革や新作のバックや小物が置いてある雑然とした感じのお店でした。でも、応対していただいたのはとてもいい感じの方。

僕は安心して「あと10年は使えるように、傷んでいるところを全部直したい」と希望を伝えました。

すると、その方は僕のカバンをじっくり見て、「20年ももったなんてすごいですね。」

「このカバンは紙製の型紙が入っているタイプなので、新品の時のようにするには費用がかかりますし、仮にそうしても、あと10年もつかどうかはわかりません。」

「逆にこのまま少し補修して使うのがベストですよ。そのほうがいい味が出ていいと思います。」

「ショルダーベルトの補修と、糸のほつれたところの縫いなおしで十分です。修理価格は4,000円ほどみておいてください。」

と適格にアドバイスをしてくれました。しかも修理価格は想定以下の安さ!!!

僕はすっかり感心してしまいした。これで商売が成り立つのかなぁとちょっと心配になるくらい無欲で親切な応対でした。

今どきカバンを修理する人は少ないような気がしますが、とても良心的で大ファンになってしまいました。

その方が「もしこのカバンと同じものを作りたいと思われるなら僕に依頼してください。」とカバン作りが大好きな感じで静かにおっしゃったのも印象的。

そのカバン制作費もかなりの格安の金額でした。もしこの修理をしても、今度、僕のカバンが傷んだなら、この方に作ってもらいたいと思っています。

もし、カバンの修理や靴の修理、革製品のオーダーをしたいときなどはぜひこのお店にも立ち寄ってみてくださいませ。

場所は京都市中京区榎木町87です。京都市役所より北に一筋行ったところにあります。

いかがでしたか?

以上、「20年使った鞄の修理に京都河原町二条の修理屋さんに行ってみました」の記事でした。

よかったらご参考になさってください。

sponsored links

 

こんな記事も書いています!

 

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com