万年筆使いアキラ

京都、万年筆、本、資格、デニム etc.

意外と痩せる!早歩きのすすめ

f:id:AkiraYamaguchi:20200324114211j:plain

残念ながら、40歳を過ぎると、何も運動しないと、普通にしか食べない人でも、少しずつ少しずつ太るもの・・・

かく言うアラフィフの僕は「小食だね」とみなさんに言われるほど食が細いほうなのですが、それでも知らない間に、20歳のころから比べると10キロ以上太ってきています。

人間ドックの結果が自宅に送られるたびに『メタボ』と書かれている書類を見ながら「なんとかしないと!」と決意をして運動への取り組みに挑戦してきました。

しかし、筋トレは2,3日で筋肉痛になって挫折したり、わざわざジムに行って運動すること自体がおっくうになって挫折したりとか、全く運動習慣が身に付きませんでした。

そんな運動を継続する意思の弱い僕が、なんと1か月以上継続できているのが、今回ご紹介する『早歩き』です。

これは言葉のとおり、意識して単純に早く歩くだけなのですが、僕にとっては意外に痩せ効果が抜群でした。

それでは、僕の実践方法をご紹介しますね。

簡単にできる早歩き運動

『早歩き』は特にジムに行ったりする必要はありません。

お腹をへこませ、背筋をのばして、時速6キロ~7キロの速度を心がけて『早歩き』するだけです。

通勤時に自宅から駅・バス停までの道のりを、また、仕事中で取引先に足を運ぶときや、ランチでお店に行くときも『早歩き』するだけでも効果があると思います。

僕の場合、上記を意識して『早歩き』して2日後には、まず、とても便通がよくなりました。そして、1週間後には、なんとマイナス0.5キロ痩せていました。

少し痩せたのに気分を良くした僕は「これは簡単でいい!」ともっともっと歩きたい気分になりました。

そこで、夕食後に『早歩き』タイムを取ることにしました。近所の公園の200メートルのトラックがあるので、そこで20分間ひたすら『早歩き』をすることにしたのです。

毎日できればと思ったのですが、実際は2日に一度の頻度でしたが、それでも、なんと1か月で1.5キロの減量に成功しました!

また、痩せてきただけでなく、朝からとても元気で、手足の冷えに悩んでいたのがウソのように血流もよくなってきています。

僕はとてもこの『早歩き』が気に入りました。早く歩きだけなので膝への負担に少なく、これなら今後も継続できそうです。

継続するためにおススメのアプリ

 僕の場合、恥ずかしながら『早歩き』を初めて2週間くらい経つと、ちょっとさぼりたくなる気持ちが出てきました。

「今日は仕事が大変だったから、やめておこう」とか「今日くらいはいいだろう、ソファーでごろ寝したい」とかという気持ちです。

こういった継続を妨げる気持ちを抑えて、さらに運動へのモチベーションを上げるためにおススメのアプリがありますのでご紹介しますね。

それは、『adidas RUNTASTIC』のアプリ『adidas RUNNING』&『adidas TRAINING』です。

特に『adidas RUNNING』は『早歩き』した距離、消費したカロリーを運動の記録として残せるので、自分の頑張りが「見える化」してモチベーションが維持できます。

また、『早歩き』の際の速度がいまいちわからない方には、自分の歩く速度も計測してくれますので便利ですよ。

GPSを利用したアプリなので、近所の公園だけでなく、いろんなところで運動するきっかけにもなります。

このアプリを使っているユーザーとも「友達」になって、グループを作り、運動仲間を増やすこともできます。

下記のHPからダウンロードできますので、よかったらご参考になさってみてください。

www.runtastic.com僕は『adidasRUNNING』を使い出して2か月弱ですが、もう毎日、このアプリで『早歩き』の記録するのが楽しみでなりません。

当然ですが、運動することが億劫ではなく、本当に楽しみで、もはや習慣になりつつあります。

『adidasTRAINING』のほうも筋トレの仕方をわかりやすい動画で見ることができますし、『adidasRUNNING』と連動してるのも良い点です。

デメリット?としては、adidasのファンになってしまって、ついつい良いシューズやウエアが欲しくなるくらいはまってしまうところです。笑

かく言う僕も、今まで運動用のシューズは持っていなかったのですが、『早歩き』用にadidasのシューズが欲しくなって購入してしまいました!笑

早歩きにおススメのシューズ

僕が購入したadidasのSL20についてご紹介します。

LIGHTSTRIKEという高い反発性を持ちながら適度な硬さと大変軽量なクッションが特徴の優れモノです。

adidasでは「ブースト」という優れた柔らか目の素材を使った厚めの靴底のシューズもありますが、僕は『早歩き』するならSL20のほうが良いのではと思います。

なぜなら『早歩き』は、走るより少ないものの、膝への負担はやはりあり、SL20の適度な硬さとクッション性がとても快適に『早歩き」をサポートしてくれるからです。

これはadidasのショップで2時間以上、履き比べしてみて思ったことです。

いかがでしたか?

以上、「意外と痩せる!早歩きのすすめ」の記事でした。

よかったらご参考になさってくださいませ。

sponsored links