万年筆使いアキラ

京都、万年筆、本、資格、デニム etc.

素晴らしい!SONYウォークマンA100のレビュー

f:id:AkiraYamaguchi:20191222181046j:plain

SONYウォークマンNW-A105の外箱

約8年間ほど愛用していたipod classicが不調をきたしてしまい、大好きな夜の散歩をしながらの音楽鑑賞ができなくなってしまってはや半年・・・

夏の夜や冬の寒空の自然の音のみを聞きながら散歩することにも慣れてきていましたが、やっぱり音楽を聴きながらの散歩は良かったなぁと少し残念な気持ちでいました。

そんなとき、2019年11月にSONYからウォークマンの新型A100シリーズが発売になったとの情報を得てしまった僕。

それからと言うもの、寝ても醒めてもウォークマンのことばかり。笑

ついに先日、そのなかでも最も安価なNW-A105の16GBを購入してしまいました!

その結果、僕のDAP史上最高の音質を体験できましたのでご紹介したいと思います。

まずはNW-A105について

NW-A105(16GB)はA100シリーズの中で最も安価のタイプです。この理由はヘッドフォンが付属しないこととGBがシリーズの中で最も少ないことからです。

音の再生能力についてはA100シリーズ内の他のタイプと全く変わりません。

また、GBの少なさもminiSDカードで補填できるので、あとでGBを増やしたい方にも対応しています。

つまり、すでにヘッドフォンをお持ちの方で、GBの少なさは手持ちの曲数が増えてからでOKと思える方にはおススメのタイプなのです。

また、CDからリッピングした楽曲の再生だけでなく、Android搭載なのでSpotifyや YouTubeなどのストリーミングサービスも高音質で聞ける優れものです。

その上、DSEE HXという楽曲データーのタイプをAIが解析して自動的に音の補正をしてくれ、ハイレゾ級の音質で楽しむことができるという技術も入っています。

ハイレゾ音楽データーが手持ちに少ない人にとっては嬉しい限りのDAPなのです。

音質について

前提として、自慢ではありませんが、僕の耳は、音の良し悪しについては、ほぼ一般的な聞き分けより少し劣るくらいしかできないと思っています。笑

そんな僕が言うのもなんですが、このNW-A105が聴かせてくれる音はもうスゴすぎです!

比較の対象が今まで使っていたipod classicなので「そんなの当たり前」と言われてしまうかもしれませんが、本当に感動的な音が聞けます。

じつは、前年に思い切って購入したハイレゾ対応の高性能イヤーフォンを所有しています。JVCのCLASS-S- WOOD02(HA-FW02)です。

それを使ってipod classicで聞いているときも「良い音鳴らすなぁ」と思っていましたが、NW-A105で使ってみると、まさにその本来の能力を発揮してくれました!

その繊細な再現力はもう別格の音すぎてこれ以上は望みません。笑

ウォークマンの中では中位機種のA100でこの音なら、上位機種であるZX500シリーズなどの音はもっとすごいのでしょうが、僕的にはA100で充分以上です。

ただただSONYの技術の高さをあらためて感じました。日本人として誇りに思います。

優れものの音質設定

A100シリーズでは、前述したDSEE HXの技術以外にも、様々な音質設定ができるようになっています。

僕のおススメとして、全ての音質設定をSONYの技術に任せるClearAudio+が素晴らしいと思います。

僕には何度も聴いて飽きていたような曲も別の曲のように聴こえてきます。

もうこの設定をONにして聴いていると最高に楽しくてなりません。

他にもアナログレコードによる豊かな再生音を再現してくれるバイナルプロセッサーもクラッシクやボーカルなどを聴くととても優しい気持ちになれるのでおススメです。

欠点?バッテリーについて

NW-A105を購入する前に「バッテリーがあまり持たない」という情報はわかっていました。

その前提で購入したからなのか、「バッテリーの持ち」についての全く不満はありません。

確かにiPhoneに比べると、バッテリーが無くなるのは早いのは実感としてあります。

また、FLAC以上の音楽データーを聴いていると、確かにどんどんバッテリー残量が減っていくのは事実です。

ただ、僕としては、A100は高音質の音楽を聴かせる機能が盛りだくさんで、かつAndroidも搭載しているのですから、大きな欠点とは言えないレベルだと思います。

1日2時間~3時間くらいまでの使用であれば、1日おきに充電するくらいで十分対応できます。

実際、スマホも毎日か1日おきくらいに充電する人も多いのではないでしょうか。

それと同じ使い方で対処すれば、A100をある程度ハードに使ってもほとんど問題無いのではないかと僕的には感じています。

また、これはいかにもこじつけに思われるかと思いますが、A100のバッテリーの消費の早さを「耳の健康」を保つ良い機会にしてみてはいかがでしょうか。

いわいる「ヘッドフォン難聴」にならないためには、適度な音量で1日1時間程度のヘッドフォン・イヤーフォンの使用がベストと言われていますよ。

あと、Androidの設定でステータスバーに電池残量のパーセンテージが出ないようにしましょう。バッテリーことが気にならなくなるように思います!!

また、実感として、SONY推奨のバッテリー消費対策はむちゃくちゃ有効です。これはSONYのHPで確認できますよ。

いかがでしたか?

以上、「素晴らしい!SONYウォークマンA100のレビュー」の記事でした。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

sponsored links

Amazon


ソニー SONY ウォークマン 16GB Aシリーズ NW-A105 : ハイレゾ対応 / bluetooth / android搭載 / microSD対応 タッチパネル搭載 最大26時間連続再生 アッシュグリーン NW-A105 G

こんな記事も書いています!

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

sponsored links

楽天


ソニー SONY NW-A105 LM ハイレゾウォークマン WALKMAN Aシリーズ 2019年モデル[イヤホンは付属していません] ブルー[16GB/ハイレゾ対応][ウォークマン 本体]