万年筆使いアキラ

京都、万年筆、本、資格、建築 etc.

話のネタに!京都・祇園の壱銭洋食

f:id:AkiraYamaguchi:20170626173511j:plain

こんにちは。読んでもらってありがとうございます。

今回は京都・祇園で有名な壱銭洋食を食べてきましたので、ご紹介したいと思います。

見た目は写真のとおり、お好み焼きっぽいですが、ちょっと違った独特の味がします。京都に観光に来られるなら、ぜひ一度は食べてもらいたい味です。

お店の場所

お店は京都の祇園にあって独特の雰囲気です。場所は京都市東山区の祇園町北側にあります。京阪電車の祇園四条駅から徒歩1分のところです。

f:id:AkiraYamaguchi:20170606200803j:plain

店内もかなり独特です・・・着物を着たマネキンさんがちょっと気持ち悪い人もいるかも(笑)

他にも江戸時代のオトナの絵馬や昔の切手、鉄腕アトムのフィギアなどが飾ってあって江戸時代~昭和の文化が混在している何ともいえない面白さがあります。

お店のなかをじっくり見渡すだけでも十分に京都観光のおもしろ話のネタになりますよ。

外国人の観光客の人一杯で、みなさん、喜んで写真を取りまくっておられます。

日本人としても、日本文化が誤解して伝わるなぁ~なんて思わずに楽しんでしまいましょうね。

f:id:AkiraYamaguchi:20170626174259j:plain

お味

メニューは飲み物以外は壱銭洋食のみ。注文すると大きな鉄板で焼いてくれます。

先ほどご紹介したレトロな店内を楽しんでいると、10分もたたないうちに壱銭洋食が出来上がって目の前に運ばれてきます。

お味を言葉で説明するのはなかなか難しいですが、ネギ焼きと卵焼きとスジこんにゃくが混じったお好み焼き風の味です。

独特の辛い濃いソースがすごくマッチしていて美味しいです。ビールが飲みたくなる味とも言えます。

話のネタに

この面白い店内とお好み焼きではない京都にしかない食べ物。

祇園や東山にある観光名所に行くのも素晴らしいことですが、一風変わったこのお店もせっかく京都に来たなら行ってみる価値ありです。

誤解を恐れずに言うと『京都らしくないけど、京都にしかない本当に面白いお店』ですよ。

壱銭洋食を目指してきても、八坂神社や南座、鴨川、京都一の繁華街である河原町なども徒歩で行ける範囲にありますので、食べてから色々な場所へのアクセス抜群です。

また、東山の寺社散策を楽しんでから小腹を満たすために食べるなら壱銭洋食はちょうどよい量ですよ。

京都の観光でちょっと面白味のある思い出を残したい人にもおススメです。

いかがでしたか?ぜひご参考になさってくださいませ。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。以上「話のネタに!京都・祇園の壱銭洋食」の記事でした。

 sponsored links

 

こんな記事も書いています!

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com