万年筆使いアキラ

京都、万年筆、本、資格、建築 etc.

京都でゆっくり桜を鑑賞できるおすすめのコースを1つ

こんにちは。

読んでもらってありがとうございます。

 

いよいよ春が到来してきましたね。

春といえば桜!です。

f:id:AkiraYamaguchi:20170316163005j:plain

桜っていいですよね。

僕は「桜の花」を見るととても希望に満ちた気分になります。

ひどい花粉症なので花粉さえ飛んでなければ、この桜の季節が大好きです。(笑)

 

京都観光もこの桜の季節が一番素敵です。

京都生まれの京都育ちで現在も京都在住の僕が正直に思うことですが、

真夏の京都は観光している場合じゃないほど、びっくりするくらい暑過ぎるし、

真冬の京都も観光している場合じゃないほど、びっくりするくらい寒すぎます。

京都を観光するなら、なんと言っても春が一番なのです!!

(せっかく遠いところから真夏や真冬に京都に来てくださった人ごめんなさい。)

 

そこで、今回は素敵な桜の季節に京都への旅行やデートの計画をされる人向けに、

京都でゆっくり桜を見るのに一番おすすめできるコースを1つ、僕の独断と偏見ながらご紹介します。

sponsored links

 

まずは、有名な京都の桜の名所を5つ

1・醍醐寺

世界遺産の醍醐寺の桜は豊臣秀吉が贅を尽くした花見をしたことで有名です。約800本の桜が咲き誇っている様子を見るとまさに天下を取った気分になれますよ。(笑)

場所:京都市伏見区(最寄り駅:京都市営地下鉄東西線「醍醐駅」から徒歩約10分)

2・仁和寺

京都一遅咲きの桜といわれています。仁和寺の五重塔をバックにした桜の風景はまさに圧巻です。

場所:京都市右京区(最寄り駅:京都市バス「御室仁和寺」下車すぐ)

3・嵐山

桜が満開のときには、渡月橋から見渡す嵐山が桜色に染まっていてまさにロマンティックです。熱々なお二人は『嵐山でデートすると別れる』というまことしやかな伝説をぜひ覆してくださいね。(笑)

場所:京都市右京区(最寄り駅:阪急電車「嵐山駅」から徒歩約5分)

4・平安神宮

神苑のベニシダレザクラがとても美しいです。谷崎潤一郎の「細雪」にも登場するその美しくも儚い姿に魅了されるに違いありません。

場所:京都市左京区(最寄り駅:京都市営地下鉄東西線「東山駅」から徒歩約10分)

5・円山公園

京都随一の桜の名所です。満開期には円山公園全体が桜の花で満ち溢れます。夜のライトアップが美しいので、夜のデートにおすすめです。

場所:京都市東山区(最寄り駅:京阪電車「祇園四条駅」から徒歩約10分)

 

もっと他にも、京都市植物園、哲学の道、二条城、高台寺、知恩院、上賀茂神社などの有名な桜の名所があります。

京都でゆっくり桜を鑑賞できるおすすめのコースを1つ

もちろん京都で有名な桜の名所に行くと大変満足するのは間違いありません。

が、ここでは「桜の名所」というより、

ゆっくり桜を鑑賞しながら過ごすコースを1つご紹介します。

それは『鴨川の北上コース』です!!

京都の人には「えっー!!なーんだ、ベタすぎ!」と思われるかも知れませんが、

ゆっくり桜を見ながら春の京都でのんびり過ごしたいなら、

ほんとうに最高のコースの1つです。

【おすすめのルート】

鴨川の四条河原に集合します。(ここまでは阪急電車河原町駅から徒歩約5分です)

北に向かって鴨川の河川敷を北上します。

目標は出町柳までです。(四条河原から約3.5キロ)

河原沿いの桜がとても綺麗です。鴨川の河川敷は美しく整備されているので歩くだけでも気持ちいいですが、さらに春の優しい川風があなたを癒してくれるはずです。

河原沿いの桜を見ながら河川敷をどんどん進みましょう。

やがて、「鴨川デルタ」と呼ばれる賀茂川と高野川の合流地点に着きます。

(四条河原からここまでの距離は普段歩かない人にとってはけっこう良い運動ですよ。)

「鴨川デルタ」に着いたら、一旦、河川敷から道路に出て少し西に行き、

有名な和菓子屋「出町ふたば」を見つけてくださいね。

そこで超人気の「豆大福」の購入をおすすめします!!

「鴨川デルタ」に戻ってベンチに座って「豆大福」を食べながら、

南に向かって鴨川も桜を見るのが最高ですよ!!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

以上、「京都でゆっくり桜を鑑賞できるおすすめのコースを1つ」の記事でした。

 sponsored links

 

【こんな記事も書いています!】

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com