読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年筆使いアキラ

京都、万年筆、本、資格、建築 etc.

気分が上らないときに!あまりお金のかからない一人リフレッシュ5つ

こんにちは。読んでもらってありがとうございます。

f:id:AkiraYamaguchi:20170320145715j:plain

もう今日は無理!って叫びたくなるくらいのときってありますよね。

仕事などがなかなかうまくいかないときは、肉体的な疲れもさることながら、精神的なストレスが溜まってもう何もしたくなくなりませんか?

僕の場合、肉体的な疲れは休養をとればまだなんとかなるときが多いですが、気持ち的に疲れてしまうと、もう何も手につきません。

そこで、今回は僕なりのあまりお金のかからないリフレッシュの仕方をご紹介します。

あまりお金のかからない一人リフレッシュ5つ

1・背伸びする

f:id:AkiraYamaguchi:20170320151121j:plain

猫のようにおもいっきり30秒間背伸びしてみてください。

血行がよくなるせいか、頭もすっきりして気持ちの切り替えができやすいですよ。

気持ちのリフレッシュ度★

2・歩いてみる

f:id:AkiraYamaguchi:20170320161209j:plain

10分程度でも仕事場を抜け出して歩いてみましょう。自然の多い公園でのんびり歩くのがベストですが、ちょっとコンビニにまで歩いてもリフレッシュできます。何も考えずに外を歩くと不思議と気分が上ってきます。

気持ちのリフレッシュ度★★

3・リゾートの写真を見つめる

f:id:AkiraYamaguchi:20170320151314j:plain

美しいリゾート写真を10分くらいじっと見たあと、目を閉じて自分がそこに行っている姿を想像してみてください。憧れの異性と一緒でもいいし、気の合う仲間と一緒でもいいです。もちろん一人でもOKです。

綺麗な空気や素晴らしい風景のなかでゆったりと過ごしていることが実感できるまで続けましょう。最初はなかなかできないかも知れませんが、これができるとけっこう気分が上がるうえに、プチリゾート体験が出費0でできますよ。

気持ちのリフレッシュ度★★★

sponsored links

 

4・電車で知らない町に行ってみる

f:id:AkiraYamaguchi:20170320170410j:plain

予算を往復で例えば5,000円に決めて、一人で日帰りできる範囲の一度も行ったことのない駅まで行ってみましょう。できるかぎり都市から離れる方向へ。

スマホ等の連絡手段は持たないで各駅停車に乗って行くのが一番です。目的地に行くまで音楽を聴いたり、本を読んだり、ぼーっとしたりしてのんびり過ごしてみてください。

この『プチ冒険』はかなりリフレッシュできます。アフリカから世界中に広がった人間の本能が冒険を求めているのかもしれないですね。

気持ちのリフレッシュ度★★★★

5・夜空を見に行く

f:id:AkiraYamaguchi:20170320170713j:plain

 近くの山や海や公園などに夜空を一人で見に行ってみましょう。

そして夜空を見ながら、月はバランス良く地球の上に浮かんでいるなぁとか宇宙のことを考えてみてください。

現代の科学ではこの宇宙は全てのバランスが保たれて存在していると言われています。つまりこの宇宙は『すべてうまくいっている!』のです!

宇宙の一部である自分のことだけが『うまくいかない』はずはない!と、今、悩んでいることやうまくいってないことを蹴散らしてしまいましょう。

宇宙規模で考えると『すべてのことはうまくいき、バランスが保たれる』のですから。

夜空の下、宇宙を見ながら自分の心の中で考えるだけですから誰にもオカシクなってしまったとか思われる心配はありませんので、ご安心を!

すごく気分が上りますよ!(夜なので安全へのご配慮を忘れずにお願いしますね。)

気持ちのリフレッシュ度★★★★★

 最後に

もちろん人それぞれのいろんなリフレッシュの仕方があると思います。

温泉に行ったり、家族や友人と遊んだり、美味しいものを食べたり、スポーツしたり、などなど・・・

もし、なかなか良いリフレッシュの方法が無くて困っている人がいたら、ご紹介したリフレッシュの仕方をご参考にしていただければ嬉しいです。ここ10年以上しているのですが僕的には5つともリフレッシュの効果があります。

『一人リフレッシュ』を重要視しているのは僕だけかもしれませんが。(笑)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

以上、「気分が上らないときに!あまりお金のかからない一人リフレッシュ5つ」の記事でした。

sponsored links

 

【こんな記事も書いています!】

www.akira-mannenhitsu.com