万年筆使いアキラ

京都、万年筆、本、資格、建築 etc.

読書の秋に源氏物語はいかがでしょう

f:id:AkiraYamaguchi:20171010184248j:plain

僕の地元・京都の宇治には世界遺産平等院があります。

平等院が創建された場所はもともと源氏物語の主人公光源氏のモデル・源融(みなもとのとおる)の別荘。

つい先日、ふらっと立ち寄ってみたのですが、何回行っても素敵な癒しの場所でした。ついつい昔読んだ源氏物語を思い出し、また読んでみたくなりました。

最近、角田光代の現代訳本がベストセラーになっていることもあり、日本を代表する古典である源氏物語を読んでみたいなぁと思っている人も多いのではないでしょうか?

とは言っても、たくさんの現代訳本が出ているので、どの本がいいのか迷うと思います。

そこで、今回は独断と偏見ながら僕のおススメの現代訳本をご紹介したいと思います。

物語を楽しみたいなら

源氏物語を現代的な小説として楽しみたいなら、断然、田辺聖子著「新源氏物語」がおススメです。

厳密な現代訳本ではないので、学問的に源氏物語を追求したい人向けではありませんが、僕にとっては徹夜になるほど面白かったです。

読後、人の欲望の飽き足らなさと求め続けるむなしさを現代的感覚で感じ取れる名作ですよ。

まぁ、僕のある友人はしばらく読み進めていくとグーグー寝てしまったと言ってましたので、人によるのかもしれませんが・・・笑

光源氏の子供世代を描いた続編「霧ふかき宇治の恋」もおススメです!

sponsored links


新源氏物語 (上) (新潮文庫)

男女の恋愛を中心に読みたいなら

 恋愛面の記述を重視しているのが、瀬戸内寂聴訳の「源氏物語」です。

僕は学者ではないので、訳の厳密さ的なものは正確にはわかりませんが、基本的には忠実に現代語訳されており、大変読みやすい本です。

ただ、僕の個人的感想ですが、学生時代に古典で習ったような平安時代特有の文化的なことがらはさらっと流されているように思います。

学問追求ではなく、恋愛小説としての光源氏の物語を現代語訳で楽しみたいなら絶対におススメですよ。

文庫本では10巻の長編ですが、2巻まで読み進めてしまうと、あとは面白くてあっと言う間に10巻まで読めてしまうと思います。

sponsored links


源氏物語 巻一 (講談社文庫)

 いかがでしたか?ぜひ読書の秋に読む本探しのご参考になさってください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

以上、「読書の秋に源氏物語はいかがでしょう」の記事でした。

こんな記事も書いています!

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com

www.akira-mannenhitsu.com